『タットヴァ・ボーダのエッセンスを学ぶ4日間』開催します。

水戸4日間タットヴァボーダバナー本文

●タットヴァボーダは、初めて聖典を学ぶ人が、聖典全体を大きくとらえて見る事のできる小さな聖典です。この聖典を使って、4日間かけて、ヨーガの意味やそのゴールについてわかりやすくお話しします。体を使ってのヨーガも、瞑想も、いや、人生そのものがひとつの目的地、ゴールを持っています。はじめての方も、4日間、どうぞ、耳を傾けてみてください。

●バガヴァッドギーターなどの聖典を楽しむためには、まずは、タットヴァボーダをおすすめしています。世界中で多くのヨーギーを育ててきたスワミ ダヤーナンダジの言葉を聞いてみましょう。  

 https://youtu.be/o2H5yhsyo3I

「何が、自分自身に満足をもたらすのかを学ぶこと以上に、大切なことはありません。 たとえ、どんなことを、成し遂げたとしても、最後には、あなたは、あなたを受け入れなければなりません。 

自分自身が、受け入れられるのは、唯一、自分自身が受け入れられるものであるときだけです。 自分自身を受け入れるために、もし、あなたが、今、知っているあなたが本当であるなら、それは、受け入れらはしません。 

で、もし、本当でないなら、あなたは、本当のことを知らなければなりません。 本当のことというのは、何も、あなたに反しているものではありません。(不愉快なものではありません。)  あなたには、何も欠いているものはありません。 あなたは、その、あなたを知らなければなりません。 

そのために、ヴェーダーンタという、知識体があります。 

それを、あなたは、先生をもっている先生の助けをかりて、勉強します。  ですから、これば、哲学のシステムとは違います。 これは、先生をもっている、先生によって、ひも解かれるヴィジョンです。 ですから、本の独学ではなく、先生の口から、生徒の耳に伝えられてきた、ヴィジョンです。 耳で聞き込んで理解されるヴィジョンなのです。

教えの伝統は、このヴィジョンをひも解く、いくつもの、本をもっています。 それらの本のひとつが、タットヴァボーダです。 タットヴァとは、真実で、ボーダとは、知識です。 「真実とは何かの知識」です。 それは、あなた自身です。 その、タットヴァボーダが、学ぶべき最初の本です。 次に、私たちは、バガヴァッドギーター ホームスタディプログラムを持っています。さあ、学び始めてみましょう。」

●4日間を通して、まずは、『タットヴァ・ボーダ』のエッセンスに触れて準備を楽しみましょう。そして、7月からは、いよいよ、修子先生によるバガヴァッドギーターのホームスタディを使ったクラスがはじまります。 また、並行して、サンスクリット語の読み書きやチャンティングもクラスを充実してゆく予定です。 一緒に、はじめてみませんか? 

日 時 : 2017年 5月13日(土)14日(日) 
              前半の話題「ヨーギーとはどんな人?」
            5月27日(土)28日(日) 
              後半の話題「ヨーガのゴール」

「ヨーギーとはどんな人?」(のぶこ)
5月13日(土)
10:00~11:00 1クラス目
11:20~12:20 2クラス目
12:20~14:00 昼食と休憩
14:00~15:00 3クラス目
15:20~16:20 4クラス目
16:45~17:15 質疑応答(サットサンガ)
5月14日(日)
10:00~11:00 1クラス目
11:20~12:20 2クラス目
12:20~14:00 昼食と休憩
14:00~15:00 3クラス目
15:20~16:20 クラスまたは質疑応答(サットサンガ)
「ヨーガのゴール」(スワミ・チェータナーナンダ )
5月27日(日)茨城ヴェーダンダクラス1
10:00~11:30 1クラス目
12:00~13:30 2クラス目
13:30~15:00 昼食と休憩
15:00~16:30 3クラス目
16:45~17:15 質疑応答(サットサンガ)
5月28日(日)
10:00~11:30 1クラス目
12:00~13:30 2クラス目
13:30~15:00 昼食と休憩
15:00~16:30 3クラス目
場 所 : moonスタジオ
講 師 : スワミ・チェータナーナンダ &のぶこ
受講費 : 5月13日、14日 基本運営費3,000円+ダクシナ(のぶこさんへ)
      5月27日、28日 基本運営費3,000円+ダクシナ
                (スワミ・チェータナーナンダ へ)
※ クラスに関するテキストは当日、受付時にお渡しします。
※ 座学です。ゆったりとした、座りやすい服装でお越しください。
※ 4日間でひとまとまりのクラスですが、
 初の2日間の修子さんのクラスだけの参加はOKです。
 後半だけの参加は、はじめて勉強される方は、申し訳ありませんがご遠慮ください。
 でも、今までのクラスを受けて来られた方の場合、ひとりひとり、
 スワミジに相談していただいて、個別対応させてもらえらば嬉しいです。
※ 基本運営費は受付時にお支払いください。
※ ダクシナはお帰りの際に前半2日間は修子さんへ、
  後半2日間はスワミジにお渡しください。

ダクシナとは
生徒は、クラスの後で、先生へダクシナを渡します。
ダクシナは、定められた額の参加費ではなく、
生徒さん自身が決めて、先生へのお気持ちを表現するものです。
いただいたダクシナは、これからの活動のために大切に使わせていただきます。

講師プロフィール

チェータナーンダ
Cetanananda Swami チェータナーナンダ
1999年、インドへ留学し、リシケシで、恩師、スワミ ダヤーナンダ サラスワティと出会う。コインバトール、Arsha Vidha Gurukulam (ヴェーダーンタの学校)にて開催された3年と3ヶ月の長期のコースで、ヴェーダーンタ(ウパニシャッド)、サンスクリット語、そのチャンティングを学び、2005年7月に卒業。
2007年1月、日本に帰国。インターネットのスカイプを使って、遠くからでも日々学べるクラスをはじめる。
2009年4月、東京ヴェーダーンタキャンプに、スワミ ダヤーナンダジを迎えて日本ではじめて伝統のヴェーダーンタを紹介。その翌年、広島&東京ヴェーダーンタキャンプを開催し、再びスワミ ダヤーナンダジを迎える。
2013年3月、スワミ ダヤーナンダジより、サンニャーサーを受ける。

パラヴィッデャー ケンドラム ヴェーダーンタ勉強会
ホームページは、http://www.para-vidya.com/

のぶこ
のぶこ2006年 心身のバランスを崩し、アーサナヨーガに出会う。
2012年 病気など人生のさまざまな出来事を乗り越えるなか、ダクシナームールティから始まりシャンカラーチャーリアを教えの伝統の真ん中に置く先生から生徒へ教え伝わる、途切れることのないヴェーダーンタの知識と、その知識を教えてくださる、恩師 スワミ チェータナーナンダジと出会う。
以来、恩師から、バガヴァッドギーターなどのヴェーダーンタの聖典、及びサンスクリット語を学び続けています。
都内にて、プライベート感覚でクラスを開催しています。
HPはhttp://nbksiesta.blogspot.jpから。


メールによるお申込み

講座名※必須
開催日時※必須 日 
お名前※必須
性別※必須
お電話番号※必須
メールアドレス※必須
メールアドレス(確認用)※必須
お問い合わせ内容

コメントをどうぞ