11/18(日) ドミニカ・芹ヶ野WS 開催しました。

吉祥寺SHIZENヨガスタジオオーナー兼ディレクターである、
ドミニカ芹ヶ野先生をお招きしてのWSが開催されました。

dominica2
『私たちの身体はマインドと同じように変わることが普通の事』
いう言葉から既に引き込まれていたように思います。
参加者の身体の状態を確認されていた時の言葉です。

自分の痛みを知っている事は良いこと。
どこにも問題が起こらないようにしようという思考より、
変わることがあたりまえと思える方が健全であること。
何か問題があった方が、意識を向ける対象があり思考を内側に向けることが出来ます。
楽しみましょう!
というお話から始まりました。

冒頭のお話通り、
アーサナを通し意識の向け方を丁寧に教えて頂くことで、
集中力の高まりを感じます。

dominica
また、普段気が付かなかったクセも分かってきます。
私の場合は身体の動きが変わるとき、動きのある部位に意識が持っていかれることです。
無意識に目で確認していたのです。
動きの起こらないところ、動けないところに意識を向け続けることを教えて頂きました。

dominivca4
そして、量より質という言葉が多く出てきました。
質を高めてから量を得るという事です。

私たちは無意識下にゴールを急ぎがちです。
しっかり丁寧に質を高めて量を得ていくことで、
手放せるようになるというヨガを洗礼させていく教えは
日常生活にも通ずるのではないかと思います。

dominica3

心のスピードを少し落として、質を高める練習をしていきたいと思います。
哲学とユーモアに溢れたドミニカ先生のWSは時の流れがあっという間に感じました。
一緒に参加して下さった皆様、ありがとうございました。

by なお

dominica6

12月から ソラの新しい仲間になるインストラクター なお先生のレポートです。

今年、2回目になるドミニカ先生のWS
2月に行なわれた土台の安定を深めたWSから
一歩前進して、腕、肩の動かし方を練習しながら
ハンドスタンドの始まりのポーズ 壁を使った90°ポーズにチャレンジしたり
胸を開くポーズをたくさん楽しみました!

後半は、足をしっかり使ってバランスポーズ  
なんども何度も手直ししながら
自分らしく、集中することを行い
意識からポーズをとることを学びました。

過去にも未来にもマインドを動かさず、今にとどめ、ポーズに集中すること
そして、ポーズができたとかできないとか
結果にとらわれず
集中して、どれだけ努力したかを大切にすること

ヨーガをなぜ学ぶのかを
再確認する大切な時間をホームスタジオで感じる時間でした。

ソラの元で学ぶヨーガの同志と
さらに真摯に練習を積み重ねたいです。
そして、また来年ドミニカ先生とヨーガを深める時間を持ちましょう!

ドミニカ1

コメントをどうぞ